経済学部 志望理由書


携帯モバイル版の経済学部専門の偏差値と大学情報(モバイル版)
合わせてご活用ください。


経済学部推薦入試の志望理由書

経済学部,志望理由書,大学,入試,推薦

大学の経済学部受験において推薦入試の場合に、必ず必要になってくるのが『志望理由書』です。では、経済学部の志望理由書はどのような志望動機を記載すれば合格しやすいのでしょうか?

 

経済学部の志望理由書とは

経済学部も含め、大学の各学部の推薦入試を受ける場合、志望理由書を作成する必要があることが大半です。なぜその学校のその学部に進学したいのかを書くのが志望理由書です

 

もちろん、受験生によって志望動機は異なりますから、一概に正解不正解は判断できませんが、やはり経済学部の志望理由書と言うからには、学校側にも納得して貰えるような理由を挙げなくてはなりません。

 

また、正直過ぎるのも問題で、「合格が確実な安全圏の大学だから」、「経済学部が一番偏差値が低いから」、「推薦が貰えたから受験を決めただけで、経済学部を選んだのは自分の意思ではない」などと書いてしまったら、せっかくのチャンスが台無しになる可能性大です。

 

経済学部の志望理由書の書き方

経済学部の志望理由書は、よほど酷い内容でなければ、素直な気持ちを書くのも大切で、変に立派なことを書いても、マニュアル通りという印象を与えてしまいます。

 

具体的な参考となる一例をご紹介しましょう。

 

  • その大学の経済学部に習いたい教授がいる
  • 公認会計士や簿記など経済系の資格が欲しい
  • 卒業後金融業界で活躍したい
  • 将来経営者になりたい

 

など・・・要は経済の仕組みや知識を得たい、ということが志望理由書内で伝わればOKです。ある程度具体的な方向性や学びたいこと、自分の意見などを書くこともポイントの一つです。


スポンサード リンク


大学医学部 医科大 大学歯学部 大学薬学部